あなたは何を買う?マレーシア・シンガポールのブラックフライデーについて調べてみました!

あなたは何を買う?マレーシア・シンガポールのブラックフライデーについて調べてみました!

みなさん、こんにちは!

ページを見てくださり、ありがとうございます(*’▽’)

「ブラックフライデー」をご存知ですか?
ここ最近、日本でも聞かれるようになりました。
海外では日本よりも前から盛んに行われています。
今回は、マレーシアとシンガポールの「ブラックフライデー」の様子について書いていきます。

ブラックフライデーとは

「ブラックフライデー」は11月の第4金曜日であり、1961年ごろアメリカで始まったと言われます。
ブラックフライデー前日の11月第4木曜日は、アメリカの祝日にあたる感謝祭(Thanksgiving day)の翌日のため、連休を取る方も多くいます。
その連休には、クリスマス前の買い物をする方も多く、店が客であふれること、売上が黒字になることから「ブラックフライデー」と呼ばれるようになったと言われています。
現在では、ブラックフライデーがクリスマスセール初日と位置づけられています。

2016年ごろからは日本でも言われるようになり、11月の売上促進や12月のクリスマス商戦に向け消費につなげることを目的として、定着しつつあります。

マレーシアのブラックフライデー

マレーシアでもブラックフライデーセールは行われます。
全てのお店ではありませんが、外資系の衣料品店や食料品店などはセールを行う店が多く、たくさんの方が買い物に出かけます。

シンガポールのブラックフライデー

シンガポールのブラックフライデーはマレーシアとは比べものにならないくらい人で溢れています…
当たり前なんですけどね(笑)

11月第4金曜日は、シンガポールの祝日ではありません。
しかし、シンガポールは外資系の会社が多く、アメリカやカナダなどの会社や、取引先が欧米である会社の場合は休みにしているのかもしれません。
そのせいか、ショッピングセンターには多くの人が買い物に来ていました。

衣料品はもちろんのこと、化粧品や靴、宝石やアクセサリーなどなど、ありとあらゆるものがセールになります。

有名なコスメブランドのMACもセールを行っています。

こちらは、色々なメーカーを扱うコスメ専門店の「セフォラ」です。
全ての商品が15%OFFということもあり、店内はお客さんでごった返していました。

店の外には、セフォラの大きな紙袋を6つ持った方もいたりするほどです。

普段、金曜日の14時頃はここまで混雑することはありません。
お正月の初売りのような賑わいでした💦

 

如何でしたか?
マレーシアでもシンガポールでもブラックフライデーは当たり前のように行われていました。
ブラックフライデーが皮切りとなり、クリスマスセールが始まります。
ブラックフライデー当日は、値引き率は大きくありませんが、来週、再来週とだんだん安くなります。

私はというと、今年のブラックフライデーは、アクセサリーを買いました。
30%OFFだったので、迷うことなく即買いでした(笑)

もしかしたら、来年、日本でももっと盛んになり、あちこちで「ブラックフライデーセール」の看板を見るようになるかもしれません。
そうなると、一年中、何かしらセールをやってるような…

ま、安く買えるならありがたいので良しとしましょう(^^)

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました(*´ω`)

 

Jumpa lagi!

ジュンパ ラギ!

またね!