女性にとって必要不可欠なエストロゲンについて

女性にとって必要不可欠なエストロゲンについて

みなさん、こんにちは!

ページを見てくださり、ありがとうございます(*’▽’)

今日は女性の強い味方、「エストロゲン」について書いていきます。

エストロゲンとは

女性ホルモンには2つのホルモンが存在します。
1つは生理後半から排卵日直前でピークに達する「卵胞ホルモン」。
卵胞ホルモンのことを「エストロゲン」といいます。

もう一つは排卵日から次の生理までの間、働きが活発になるのが「黄体ホルモン」。
黄体ホルモンのことを「プロゲステロン」

と呼ばれています。

エストロゲンの特徴

エストロゲンは主に女性らしさに影響するホルモンです。

・肌や髪の潤いを守る
・女性らしい丸みのあるボディラインを作る
・骨粗しょう症など生活習慣病になりにくくする
・脳や自律神経にも働きかける     などなど

女性にとっていいことばかりのホルモンです。
そのため「美人ホルモン」とも呼ばれています。

ピークは20歳から35歳ぐらいで、その後年々減少し、閉経前後の45~55歳には激減してしまいます。

エストロゲンとダイエット

エストロゲンがピークに向かうタイミングはダイエットのタイミングともあっています。

生理が終わる頃には生理前にあるイライラやむくみもとれ、体が軽くなります。
またエストロゲンの分泌も増え始めるため、自律神経も整い、ダイエットにも集中して頑張ることができるようになります。

エストロゲンが痩せさせるわけではないのですが、痩せるため脳と体のコントロールをしてくれます。

エストロゲンをコントロールし補う

年齢と共に激減するエストロゲンですが、増やすということは難しいことです。
そのため、日々の生活の中からエストロゲンを補うことが望ましいです。

・バランスの良い食事
・良質な睡眠をとる
・ヨガなどを取り入れ、積極的に体を動かす
・生活の中にドキドキ、ワクワクするようなことをする
・女性ホルモンのバランスを整えるアロマを使う

などがあります。

エストロゲンとエッセンシャルオイル

大豆イソフラボンがエストロゲンと似た働き(エストロゲン様作用)をすることは、ご存知の方も多いかと思います。
それと同様にエッセンシャルオイルでもエストロゲン様作用をするものもあります。

・クラリセージ

「スクラレオール」という成分が、エストロゲン様作用をすると言われています。
月経不順や女性特有の症状に有効です。
ただし、妊娠中や生理中、集中したい時、アルコール摂取時は使用を避けましょう。

・イランイラン

ホルモンバランスを整える作用や生理痛の痛みの緩和や、生理不順、更年期障害の改善など、女性特有の症状に有効です。

・ゼラニウム

ホルモン分泌を調整します。
女性特有の症状(生理痛、生理不順、PMS、更年期障害など)を緩和する効果が期待できます。

などがあります。

如何でしたか?
エストロゲンは、女性にとってなくてはならないホルモンの一つです。
食べ物や生活習慣で補えるものなら良いのですが、年齢と共に減少していくことは避けられません。
体と心とホルモンと上手に向き合い、食品やエッセンシャルオイルなどをうまく取り入れ、いつまでも若々しくいきましょう!

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました(*´ω`)

 

Jumpa lagi!

ジュンパ ラギ!

またね!