ブログの魅力 ~興味ゼロからのスタート~

ブログの魅力 ~興味ゼロからのスタート~

こんにちは!

ページを見てくださり、ありがとうございます(*’▽’)

 

私は結婚11年目で初めての専業主婦になりました。

憧れの専業主婦でしたが、いざなってみると何か違和感が…

それは社会から取り残されたような気持ちでした。

自宅にいても社会と繋がること、社会に貢献することはできます。

それはブログで発信すること!

今日はそんなお話しをしていきます。

小さなお子供さんをお持ちのママさんや介護などの事情で自宅にいる時間が長くいらっしゃる方、

そんな方にもぜひ読んでいただきたいです♡

専業主婦になって感じたこと

憧れと現実

私は結婚する前から専業主婦に憧れていました(*’▽’)

元々家事は好きなので、家の中の事を家族のためにやって、趣味でおけいこなどして…と夢を描いていました。

しかし実際は、結婚前から働いていた職場でやめるタイミングを逃してしまい、海外に出るまで同じ職場で働かせてもらいました💦

仕事も好きだったので嫌ではなかったでしたが、不器用な私は家事と仕事の両立がうまくいかず、もどかしいことがたくさんありました。

専業主婦への転職そして不安

そんな環境にも慣れてきた頃、突然、専業主婦への転職が決まりました(;゚Д゚)

最初は楽しかったですよ♪

毎日、時間をかけて食事を作ることもできましたし、英語の勉強をしたり、時にはお犬様とまったりしたりと有意義な時間でした。

でもある時、ふと思ったんです。

これでいいんだろうか?

この時間はありがたい時間だけど、このままいたら社会から取り残されてしまうのでは?

何だかとてつもなく不安になりました(´;ω;`)

そんな時に思いついて始めたのがブログでした。

ブログを初めてわかったこと

私は最近まで他の方の書いたブログをあまり見ていませんでした。

なぜだろう?

ブログ=書いた人の日記

と思っていたからでしょうか?

単純に興味がなかったのだと思います(=_=)

誰かのためになるもの、それがブログ

そんな私ですが、社会からはみ出てしまったように感じ、ブログで社会と繋がろうと思い立ちました。

なんでブログを選んだのか?

特に深い意味はなく始めてしまいました。

全く興味がなかったためゼロスタートです(;´∀`)

時間をかけて調べていくと色々わかってきました。

それは

ブログ=誰かの役に立つことが書かれているもの

いやー、知りませんでした💦

 

例えば、ある目的地に行こうと計画をします。

その目的地のホームページには行き方が書いてあります。

でも、行く時間やメンバー構成によってはホームページで書いてある行き方じゃない方がいいことがあります。

そういった細かな情報が書かれているもの、それがブログなんです。

ブログの魅力

インプットとアウトプット

今まで仕事で得た知識だったり、海外生活で経験したことを書いていくようになり、自分が得た知識を外に出す作業(アウトプット)がうまくなりました。

本を読んだり、話を聞いたりすると頭の中にインプットされます。

でもそれだけでは完璧に理解したとは言えません。

インプットした内容を外に出すこと(アウトプット)で、はじめて本当に知識として脳に残ってきます。

時間を気にしないでいい

読む人は読む人の都合で見てくれます。

自分の隙間の時間に少しづつ書いていくことだってできるんです✨

通勤時間やお子さんのお昼寝している間の時間などを使って書くこともできます。

私の場合、旦那さんの都合で書く時間も様々です。

深夜だったり、早朝だったり…

飛行機の中で書いたりもしていました(笑)

 

如何でしたか?

1人1人違う経験をしています。

その経験は必ず誰かの役に立ちます。

ブログという場所で自分が経験したことを発信し、自分自身も知識の再確認することができます。

海外にいても家の中にいてもブログなら社会と繋がることができますよ。

今日も誰かのお役に立ってたらいいなぁ(*^^*)

 

イベントインフォメーション

談会 「心の引き出し片づけ&リサイクルの会」

日時  2月19日(火)

時間  21:00~(日本時間)

参加人数  5名様

 参加料は無料です。

<ZOOM>というオンラインにて行いますので、どこにいても参加が可能です。
参加をご希望の方は事前にお知らせください。
当日、ZOOMのご招待番号を送らせていただきます。

みなさまのご参加を心よりお待ちしていますm(__)m

【関連記事】
「心の声の引き出し」をいっぱいにしないためにすることとは?
失敗しても大丈夫!そこから新しい自分が見えてくる

お気軽にお問合せください♪

👇👇👇

 

お問い合わせ
 

最後までお読みくださり、ありがとうございました(*´ω`)

 

Jumpa lagi!

ジュンパ ラギ!

またね!