女の涙も日々変化!?現代病になりつつあるドライアイとうまく付き合うコツをご紹介!

女の涙も日々変化!?現代病になりつつあるドライアイとうまく付き合うコツをご紹介!

こんにちは!

ページを見てくださり、ありがとうございます(*’▽’)

 

寒さもピークのこの季節。

湿度が低く、室内もエアコンや暖房器具により乾燥しています。

肌だけでなく目も乾燥させないためのケアが大切です。

特に女性ホルモンの変化により30代からドライアイの症状が出やすいと言われています。

完治が難しいからこそ、うまく付き合っていく!

そんな方法をご紹介します(^^)/

ドライアイは現代において避けられないもの

日本ではドライアイの患者数は約800~2,200万人とも言われています。

ということは、患者さんも子供から年配の方まで幅広くいます(゚д゚)!

私はドライアイは生活習慣から発生する病気だと思っています。

というのも、ドライアイの原因とされているのが

  • パソコンやスマホの使用
  • コンタクトレンズの装用
  • 加齢
  • ストレス
  • 外気や空調などによる乾燥
  • 精神安定剤などの薬剤の服用
  • シェーグレン症候群などの病気からくるもの

などがあります。

 

私の場合、

  • ブログを書くのにパソコンに向かい、SNSをするのにスマホを使用
  • コンタクトレンズもたまに使用
  • エアコンをほぼ毎日使用
  • 加齢

すでに4つ当てはまります。

そんな私もドライアイです(-_-;)

ドライアイにならないように生活することは現代社会においてとても難しいと思います。

ドライアイは女性の方が多い

ドライアイは、30代以降の女性に多いと言われています。

その理由は…

女性ホルモンであるエストロゲンが減ること

もう、何でもかんでも女性ホルモンが影響するんですね(-_-;)

エストロゲンは卵胞ホルモンとも呼ばれ、女性らしいボディラインを作ったり、肌や髪の潤いを守ったりしてくれます。

しかし、30代からエストロゲンが減ることで潤うための脂の分泌が減り、体が乾燥状態になります。

 

涙にも油が入っています。

涙は3層構造になっており、一番外側が油層です。

油層があるおかげで、涙の水分が蒸発しないような構造になっています。

しかし、年齢と共にエストロゲンが減り、潤いが失われることで、油層の状態も悪くなってしまいます。

そのため涙の水層がたくさんあったとしても、油層がいい状態でなければ水層も蒸発してしまいドライアイを悪化させてしまいます(+o+)

私はドライアイの検査を20代でしました。

この時は、症状も何もありませんでしたが、念のためということでの検査でした。

検査結果は

まばたきの時、まぶたが閉じ切れていないため、涙が目の中隅々まで行き届くことができず乾燥する状態

と言われました。

それが理由でドライアイにもなるんですよ💦

そのため、ドライアイという言葉が一般的になる前から目薬などでケアをしていました。

でもここ最近は今までよりも乾燥を強く感じるようになったんですよね。

それもこれもエストロゲンのせいだったのかもしれません…(T_T)

 

ドライアイを受け入れて付き合う

私はドライアイを完治させたという話を聞いたことがありません。

  • パソコンやスマホを使わない
  • 常に湿度を下げない
  • コンタクトレンズを使用しない
  • ストレスをなくす
  • 加齢を止める

こんなことはできませんから仕方ないのかもしれません💦

だからこそうまく付き合っていくしかないんです!

眼科を受診

まずは眼科を受診し点眼薬を処方してもらうことです。

ドライアイの原因が何なのかを調べてもらうこともできますからね。

忙しくてなかなか行けないという場合は、薬局でドライアイ用の点眼薬が売られているので、用法を守ったうえで、こまめに点眼するという方法もあります。

ただこれは、あくまでも眼科受診までのつなぎとしてです。

日常で取り入れるドライアイ対策

意識的にまばたきをする

パソコンや読書など長時間集中してものを見ていると、まばたきの回数が減ってしまいます。

まばたきの回数が減ると眼球が外気にさらされる時間が長く、涙が蒸発されてしまいます。

意識的にすることで目の乾燥を避けることができますよ(^^)

点眼薬をこまめにする

目も乾燥感を感じていなくても乾燥していることが多くあります。

夏になると、喉が渇いていなくても水分補給をこまめにしましょう!

っていいますよね?

それと同じ感じです。

点眼回数を守ったうえで、定期的に点眼することはとても大事なことです。

女性ホルモンを意識して取る

ドライアイは、エストロゲンが減ることも影響しています。

大豆製品はエストロゲンに似た構造を持っており、積極的に取ることでドライアイの緩和にも役立ちます。

エッセンシャルオイルも女性ホルモンに働きかけしてくれます。

  • クラリセージ
  • イランイラン
  • ラベンダー

これらのオイルをディフューズしたり、ココナッツオイルで希釈し足の裏や下腹部にぬることで体に取り入れましょう。

ドテラ社のエッセンシャルオイルは肌にぬることができるオイルがあります。

ただし人によっては合わない場合もあります。

体にぬる場合は、必ずパッチテストを行ってくださいね(^^)

 

如何でしたか?

治ることが難しいドライアイ。

だったらうまく付き合っていくしかありません。

今よりも快適に過ごすため、適切なケアをしていきましょう(^^)/

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました(*´ω`)

 

Jumpa lagi!

ジュンパ ラギ!

またね!