ドテラがアメリカの経済誌「フォーブス」でランクイン。その先にあるものは…?

ドテラがアメリカの経済誌「フォーブス」でランクイン。その先にあるものは…?

こんにちは!

ページを見てくださり、ありがとうございます(*’▽’)

 

ドテラは2008年にアメリカで設立した会社です。

そんなドテラですが創設8年目の2016年、2017年にアメリカの経済誌フォーブスにて「全米ベスト・エンプロイヤー」部門でランクインされています。

すごい!

経済に疎くて、語彙力が……スミマセン(m´・ω・`)m

 

会社を大きくするためには、会社のトップやユーザーだけでなく、社員の力がとても大事なのです。

社員の満足度が上がれば、ユーザー満足度も上がり、会社の大きな発展につながります。

会社がユーザーを大切にする

ユーザーは会社にお金を落としてくれる人なわけで、大切にするのは当然のことですね(笑)

 

いろんな考え方のユーザーがいます。

  • 商品の質を重視する人
  • 値段を重視する人
  • サービスやアフターフォローを重視する人

などなど…

 

全ての人に満足してもらえるのは、とても難しいことです(´-ω-`)

しかし、一人でも多くの人が満足し利用してくれるようになれば、会社は少しずつ大きくなっていきます。

ユーザーが増え、会社にお金が増えると、新商品や今まで以上のサービスができるようになります。

新商品や新サービスが増えることで新規ユーザーが増え、また新商品や新サービスが増えていきます。

結果として、会社もユーザーもどちらも得をすることになるのです。

 

会社が自社社員を大切にする

成長し続ける会社は、ユーザーだけでなく社員も大切にしています。

会社が社員に働きやすい環境や待遇をすることで、モチベーションアップにもつながり、会社の業績アップや事業拡大に発展していくことになります。

 

『顧客満足度を上げるには社員の満足度を上げることが必要』

ある方がおっしゃっていました。

楽しく有意義な職場であれば、仕事への意欲も上がり、良い成果も出やすいということなんでしょうね(‘ω’)

 

会社を発展させるためには、社員の満足度を上げることがとても重要なのかもしれません。

 

『フォーブス』誌にランクインされたドテラ

フォーブスと言えば、100年続く有名なアメリカの経済誌です。

日本でもよく知られた経済雑誌ですね(^-^)

その中でドテラは、「全米ベスト・エンプロイヤー」中堅企業部門に2016年、2017年と2年連続ランクインされた実績があります。

 

フォーブスによると

ABOUT BEST EMPLOYERS

Each year, Forbes partners with market research company Statista to measure up the leading employers around the country and the world by asking those in the best position to say: the workers. Since the employee experience can vary greatly depending on an organization’s size and the individual worker, our rankings look at large and midsize employers.

Forbes Best Employers より

「ベスト・エンプロイヤー」とは、簡単に言うと「働いている人たちが会社に満足しているか?」をランキングしたものです。

アメリカには多くの会社がある中、2008年に設立したドテラは2年連続で受賞するということは、とてつもないことなんでしょうね。

規模が大きすぎて正直なところ、私には想像することさえもできません( ゚Д゚)

 

如何でしたか?

現在、世界中で有名な大きな会社も、小さな会社からはじまっています。

社員を教育し、働き甲斐を感じる環境を作り、顧客の満足度を上げていくことで今のような規模の会社へと成長したんですね。

ドテラもまだまだ成長中!

どこまで大きくなるのか楽しみで仕方ない今日この頃です( ´∀` )

あなたの知りたいにお答えします(^^)/
ドテラ社のこと
エッセンシャルオイルについて
自分や家族の健康に使ってみたい!
お薬をなるべく使いたくない!
自然なものを使いたい!
などなど…

どんなささいなことでも構いません

ぜひ一度、ご相談ください(^^)/

 

お問い合わせ

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました(*´ω`)

 

Jumpa lagi!

ジュンパ ラギ!

またね!